夏の結婚式に男性がベストを着るのはおかしい?

10517a7002bd457ba9977249960fa147_s

 

夏にベストって暑苦しそうじゃない?

だいたいベストを着ていないからって注意されたこともないし、着なくていいんじゃない?と思いますよね。

・・・いえいえ、そうじゃないんです。実は、ベストを着るのが正式なマナーであり、着ることによっていいこともあるんです。

そこで、男性の結婚式での服装マナーについて考えてみたいと思います。

 

スポンサーリンク

ベスト着用が正式なマナーなのです

ベストについてですが、結婚式披露宴では、ベストを着用するのが正式なマナーです。

特に、シングルスーツを着ている場合、ベスト着用が必須となります。

これは、シャツが下着であったことに由来しています。そして、結婚式で着るベストは、グレーか、スーツと共地の黒ベストに白襟付き。

 

私個人的に、ベストを着ている男性って、かっこいいなと思います。

共地より、濃い色のスーツにシルバーグレー系のグラデーションでネクタイとベストを着こなしているほうが好みです・・・って、私の好みなんてどうでもいいですね、失礼しました。(・∀・)

 

スポンサーリンク

暑いからジャケット脱いでもいい?

夏の結婚式、ましてガーデンウェディングだったりすると、ジャケットを着て、ネクタイをしていたら暑くて死んじゃいそうになりますよね。

思わずジャケットなんて脱ぎ捨てたいという気分になりますが・・・。

でもこれ、ジャケットはベストを着ていなければ脱いではいけないんです。

 

それは何故かといいますと、さきほども紹介しましたが、なんてったってシャツは下着ですから!

通常、公の場で下着姿になることはありませんよね?そんなことをしたら、下手したら通報されてしまいます。

それくらいベストを着ずにジャケットを脱ぐことはマナー違反とされています。

ベストを着ると1枚余分に着ているから暑いのに・・・と思いますが、『ジャケットを脱いでもいい』というメリットがあるとなると、着たほうが涼しくなれるということですね。

 

どーしてもベストがない!という場合には、会場についてジャケットを脱がない方が無難だということですね。

 

まとめ

暑い夏。できることなら、結婚式だけでなく、仕事も半そで・短パンで行きたいと思ってしまいますよね。

しかし、マナーを紐解いてみると、そうしなければならない理由がきちんとあって、しかも、お洒落に見えて、その上メリットもある。

ベストを着ているだけで年配の方から「あいつ、若いのにマナーがわかっているな」と思ってもらえたり、仲間からは一目置かれ、女性からはかっこいい!と言われる存在になれるかも!?

夏の結婚式、是非ベストを着て出席し、お洒落さんの称号を手に入れましょう。

 

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ