ブーケトスのジンクス、実現してる?してない?

1052b92a77110d05e46d69c235c49050_s

 

未婚女性が結婚式に出席したときに楽しみにしていること。

ごはんおいしいかな?とか、ステキな独身男性がいるかな?と気にする方も多いと思いますが、ブーケトスって何だかワクワクしませんか?

そもそも、ブーケをキャッチする意味は何か知っていますか? ブーケトスのジンクスは実現しているのか。世間の声をまとめてみましたよ。

 

スポンサーリンク

1,ブーケトスのジンクス、それって本当?嘘?

花嫁さまが持っているブーケを未婚女性に向かって投げ、それをキャッチするブーケトス。

式内でのウェディングイベントに参加したことがある方も多いのではないでしょうか?

 

ここでは、そもそものブーケトスについての由来、そしてジンクスについて紹介していきます。

 

1-1 そもそもブーケトスって何なの?やる意味や由来は?

ブーケトスはもともと列席者全員にチャンスがあった、幸せのリレーなのです。

結婚式のあとに行われることが多いブーケトス。花嫁さまは後ろを向き、集まった女性にブーケを投げます。

 

もとは、神聖視されていたウェディングドレスを護るために、目くらましとしてブーケを投げていたのが始まりだとか。

 

 

またブーケを受け取る権利のある人はもともと列席者全員だったようです。

現代では未婚女性に的が絞られることも多いですが、欧米では花嫁たちの幸福を参列者に分け与えるといった意味合いでブーケがプレゼントされるようになり、現在の形に発展しました。

 

 

1-2 ブーケトスのジンクス、もらったら花嫁になれる!?

欧米の言い伝えでは、ブーケトスをすることでそれまで花嫁を護っていた守護天使がブーケの持ち主へと移動していくと言われているそうです。

つまり幸せをもたらす天使が移るということ。それで「ブーケトスを取った人は次に結婚して幸せになる」なんて言われているのです。

 

それまでブーケ信仰がなかった人も、「ブーケを手にしたときは彼と別れたばかりだったけれどその後結婚が決まり、今思えばブーケのお蔭だったのかも」とか、「それまで結婚を考えていなかったけれど、ブーケをもらってから意識するようになった」など、ウェディングブーケに背中を押された事実は意外にも数多くあるものです。

信じる気持ちが結婚に繋がり幸せになれたら、素敵ですよね!

 

 

世間の皆はジンクス実現してる?世間の声は?

受け取った人は次にお嫁に行くと言われていますが、世間ではそのジンクス、実現しているのでしょうか?

そういえば「ブーケをもらった○○ちゃんが次に結婚した!」など思い当たる節のある方も多いかもしれません。

 

世間の皆さまの体験をまとめてみましたよ。

 

「ブーケをもらった人は実は長年付き合った婚約者がいた。」
「20代の参列者が多いと、ブーケに関わらずお嫁に行っている。」

 

ブーケマジックに依存するのは避けた方が良いのかも!?と思うような現実的な声もきこえますが、

 

「ブーケをもらったときは「彼と別れたばかり」と思ったけれど、2年後に結婚!」
「ブーケをもらった人は50代の独身女性だった。まさかの半年でスピード婚!」

 

なんていう幸せエピソードがけっこうあったりします。

 

 

一方、ブーケトスにはプチ災難もあるので準備する側にも配慮が必要なイベントです。

 

・トス用ブーケの水漏れが発生。投げたときに逆流
・ブーケの空中分解・
・掴みあいになりかけた。
・投げる力が弱く、お客まで届かず墜落
・譲りあい精神が炸裂し誰もブーケを受けとらない状況に…
・ブーケでなくモノを投げたので受け止めた人が大変そうだった
・ブーケプルズが誰にも繋がっておらず一時騒然!
・ブーケプルズ参加者は席次表に印をつけたけれど、実際参加してくれなかった。

(ブーケプルズとは、ブーケに数本のリボンを付けておき、それを引っ張ってもらう演出。その中の1本だけがブーケに繋がっていて、引き当てた人は幸せになると言われている)

 

経験のある方もいるのでは!?

 

 

ーケトスやブーケプルズは、ブーケを手に出来なかった人の立場が微妙になりますし、未婚女性に限定して参加を呼びかけると年輩女性が参加しづらい、そもそも未婚女性をひとくくりにすること自体、世間では賛否両論を呼んでいます。

ウェディングイベントに参加したいけれど遠慮してしまう親族もいるでしょうし、ブーケが欲しい高年齢の独身女性や次こそは!と思っている離婚経験者もいるはず。

既婚者でもブーケに興味津々の方がいることは決しておかしくありません。主催者側がどこで線引きをするのか、難しいところです。

 

スポンサーリンク

まとめ

最近ではブーケトス、ブーケプルズ、式に合わせてブーケの替わりに贈り物を用意したり、参加者を未婚・既婚問わず参列者全員にするなど、主催者によって様々なイベントスタイルがありますね!

世間では、気まずくなるくらいだったらしない!という潔い意見にも票が集まっているようです。

ブーケトスをしない代わりに、ブーケは親族に手渡し、その後、新婦側と新郎側に大きく分けてビンゴのようなプレゼント大会をした結婚式に出席したことがありますが、親族,友人,年齢に関係のないイベントも大盛況でした。

ブーケを受け取ってしまうと結婚へのプレッシャーがかかるという配慮から、ブーケでないものも準備するというたいへんな気遣いを見せるカップルもいます。

ブーケトスはよく知られたウェディングイベントなので、あまり考えすぎずに楽しむことが一番大切なのではないかと思います。

『良いお式だった』,『楽しかった』…そう思ってもらえるお式になれば、誰よりも、結婚するおふたりが幸せなはず。

皆さんの選択で、佳き日の演出が大成功しますように!

 

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ