花と形でバレてる?結婚式ブーケの金額相場や人気の種類ランキング!

c6a03b2b1d39bf1b8d1d268ef58a3289_s

 

女性なら誰しも憧れる花嫁姿。そして輝かしい晴れの日、花嫁ほど視線を集める存在はほかにいません。

そうであるからこそ、ドレスはもちろん素敵なものを選びたい,ブーケだって手を抜きたくない!そんな花嫁は多いと思います。

実は分かる人が見れば、ブーケの値段が花や形からわかるのだそう。どんなブーケが人気なのか、お値段はいくらくらいするのか紹介していきますよ。

 

スポンサーリンク

ブーケの形!人気の種類ランキング!

ブーケの種類はざまざま。

近年新しいデザインも登場し、ステキでお値頃感のあるブーケも登場、見逃せません。

ここでは人気のブーケをランキングで紹介していきますよ!

 

人気1位:ラウンドブーケ

球状に花をあしらった最も一般的なタイプ。

ボリュームをもたせたり、小さくアレンジしたり、大きさを調節しやすいブーケ。小柄な花嫁さまや短めなドレスにも合わせやすいです。

人気の理由は、ズバリどんなドレスにも合わせやすいこと。金額も花の種類も調整しやすいのが特徴です。

よくわからないのであれば、これにするべきですよ。

 

人気2位:ティアドロップブーケ

女性なら誰でも知っているピアスでも人気の”涙モチーフ”。

人気モチーフを逆さにしたデザインのブーケです。

メインにバラを使用し、残りの花材はグリーンなどを入れ調整できるため金額や花の種類についてはデザイナーと相談することで抑えられことも。

 

人気3位:クラッチブーケ

花屋さんで見かけるような、茎をぎゅっと集めた花束風デザイン。

持ち手部分が切りっぱなしのためアレンジは比較的簡単、金額も安いことが多いです(店舗によりSサイズで3,000円代から可能なことケースも)。

自然で親密な感じのイメージが強く、パーティー式の挙式に登場することも多いブーケ。

ブーケトスで手にした場合も持ち帰った際、生けやすいのが特徴です。

 

人気4位:キャスケードブーケ

丸みを帯びた逆三角形型で、流れるようなラインを持たせた古典的ブーケ。

人気なのは白や淡いカラーのバラ,蘭を使用した種類です。花材により40,000円代とやや高額に。

背の高い花嫁さま向きです。店舗により10,000円代から可能な場合もあるようです。

 

番外編:造花ブーケ

前撮りでは生花を使わない方も多数!写真の場合は生花か造花か見分けがつかないことが多いそうですよ。

値段も1000円代からありますので、前撮りで写真だけの場合はこれで十分でしょう。

夏に式を挙げる方は特に、花がすぐしおれることを懸念、あえて造花を選ぶカップルもいるそうです。

 

 

れも素敵で迷ってしまいますよね。

よくわからなくて特にこだわりがないのであれば、人気1位のラウンドブーケにしておくのがオススメです。

その際も、店舗や式場、挙式担当者と相談してみると良いでしょう。

 

ところで、実はブーケトスってけっこう難しいようで、失敗することもあるようです。

こちらの生地で、ブーケトスに関する素敵なエピソード、珍エピソードをまとめています。

>>>ブーケトスのジンクス、実現してる?してない?

 

スポンサーリンク

ブーケの金額相場、節約術

最近のブーケ事情ですが、トレンドとして、ウェディングドレスとお色直しでひとつずつ違うブーケを準備して演出を楽しんだり、ブーケトス用に別のブーケをもうひとつ準備したりとアプローチが分かれています。

ブーケの金額相場や節約術を紹介します。

 

ブーケの値段相場や、コストを抑える方法は?

生花でのブーケの金額相場はひとつで35,000円から25,000円とお高めが普通です。

というのも、生花は折れる,枯れるなど入荷からして管理が大変なためです。

ブーケはステキなデザインを選びたい。でも、コストを抑えて小さいブーケにするのも…。誰でも悩むところですよね。

コストを抑えたいときは…「持ち込み」や「一括発注」を検討してみましょう!

 

ブーケは単体であると値が張りますが、花嫁のブーケだけでなく、

1、新郎用ブートニア(胸のあたりにつける花),両家お父上用ブートニア等の【花関連】を一括発注する

2、メインとお色直しブーケのほかにお母上用贈呈花をすべて一か所に発注する

といった方法でブーケの金額を下げる方法があります。

結婚式で使用したい花関係は全て一箇所で発注するという方法です。

まずは、店舗や式場、挙式担当者にも相談してみましょう!

 

花材はやっぱりバラが入らないとダメ?

花材にもこだわりたいのは山々ですが、バラやカサブランカを使えば金額が上がってしまいます。

そんなときは…手ごろだけれど自分の好きな花を選びましょう!

そして、司会者にその花が好きな理由をアナウンスしてもらいます。「元気なイメージのガーベラが好き」。「ふたりの思い出の花」…。

これだけでイメージアップ!

招待客は納得するものです。これはとってもおすすめ。

 

まとめ

ブーケの値段をおさえるポイントは、

1,持ち込みや一括発注をする

2,高価な花は使わずに、安い花で好きな花を使う

 

どんなブーケにするかは、よくわからないのであれば、人気No,1の「ラウンドブーケ」が良いでしょう。

見た目も、THE・ブーケですし間違いありません。

 

スポンサーリンク

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ