親族の服装マナーで気をつけたいこと

f580e22c4386abc2fda9ae917ecbb37f_s

 

親族が結婚式に参列するのは、友人の結婚式に参列するよりも何かと気を遣うものです。立ち居振る舞いもそうですが、やはり気になるのは親族の服装マナー。

「いつもと同じワンピースで行っても大丈夫?」「男性はやっぱりタキシードかな?」など、友人の結婚式のときには考える必要のなかったことが、悩みとなって溢れてきます。

大事な親族の結婚式で”恥かいちゃった・・・”ということのないように、きちんとマナーを身に着けておきましょう。

 

スポンサーリンク

基本の服装マナーは?

フォーマルな場での服装マナーで、最も格式が高いのが「正礼装(正装)」。その次に「準礼装」「略礼装」となります。

親族として出席する場合は、「正礼装(正装)」か「準礼装」になる場合が多いでしょう。新郎新婦と格をあわせつつ、少し控えめにするのがマナーです。

女性・男性、それぞれ基本の服装マナーを見てみましょう。

 

親族の女性出席者の場合

  • 「正礼装(正装)」

◆洋装:
昼はあまり肌を露出しないアフタヌーンドレス

夜はロング丈のイブニングドレス(胸元や肩などを見せるものが正式)

◆和装:
既婚者は黒留袖(五つ紋付)

未婚者は色留袖(五つ紋付)か、成人式で着た振袖など

 

 

  • 「準礼装」

◆洋装:
昼はセミアフタヌーンドレスやフォーマルなワンピースなど。

夜はセミイブニングドレスやカクテルドレスなど

◆和装:
既婚・未婚の区別なく、訪問着か色無地の紋付き

 

 

親族の男性出席者の場合

  • 「正礼装」

◆洋装:
昼はモーニング

夜はタキシード(タキシードは、もともと夜の準礼装とされてきましたが、近年時間帯を選ばずに着られる正礼装とした考えられるように)

◆和装:
紋付羽織袴(黒紋付五つ紋、黒羽二重五つ紋)

 

  • 「準礼装」

◆洋装:
ブラックスーツ・ディレクターズスーツ・ダークスーツ+白やシルバー・白黒ストライプのネクタイ、黒い革靴、黒い靴下。

ちなみに男性出席者の服装マナーの基本については、こちらの記事に詳しく紹介しています。
男性出席者の服装、スーツマナーで気をつけたいこと

 

 

以上が、基本的な服装マナーの型となります。

少し細かくなってしまいましたが、相手の親族に失礼のないように、尊重するように意識をしていればOKです。

 

もしあなたが、新郎新婦の兄弟だったり従兄弟だったりする場合は、そんなにカチカチにならなくても大丈夫です。

特別、格式が高いわけではない結婚式なのであれば、いつもの「お呼ばれの結婚式」の時の服装より、ひと回りかしこまった雰囲気を出せば十分でしょう。
(両親は基本はしっかり正礼装で。下で説明しています)

それなりに周りは「あ、あの人新婦の親族なんだ」などと意識はしますので、こちらも少しは気取っていきましょうね。

 

スポンサーリンク

新郎新婦との関係性(続柄)

新郎新婦が兄弟だったり、姪っ子だったり・・・様々なパターンがありますね。

新郎新婦との関係性によっても服装マナーが多少異なってきます。

 

  • 新郎新婦の両親

ご両親の場合、洋装でも和装でも一番格式の高い「正礼装」が基本です。

特にお母様は両家とも、和装を着用することが多いのではないでしょうか。

両家で合わせる必要はありませんが、当日、つまらないことで揉めることのないよう、服装は事前に確認しておくといいですね。

 

  • それ以外の親族(兄弟姉妹や叔(伯)父、叔(伯)母など)

両親よりも少し格を下げ、控えめにするとよいでしょう。

未婚の方で振袖を着る場合は、袖の長さに注意が必要です。

「大振袖」と呼ばれる袖が最も長いものは、新婦が着用する場合がありますので、それよりも短い「中振袖」や「色留袖」を着用しましょう。

また、未婚でも30代であれば、色留袖や訪問着を着るといいでしょう。

 

  • 子供

就学中のお子さんが参列される場合は、学生服があれば学生服を。学生服は礼服となります。

就学前であれば、子供用レンタルスーツなどを活用してもいいでしょう。

男の子ならタキシード、女の子ならドレスなど、種類もたくさんあります。もちろん、七五三などで着用したフォーマルな装いでもかまいません。

 

 

まとめ

親族の結婚式での服装マナーについて紹介してみました。

親族として参列するということは、招待される側ではなく、「ゲストをおもてなしする」側。

きちんとマナーを知らなかったことで、自分が恥ずかしいだけでなく、新郎新婦の印象にも影響が出てしまうことがあるかもしれません。

せっかくのおめでたい席に水を差さないためにも、正しい服装マナーを身につけましょう!

 

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ