男性出席者の服装、スーツマナーで気をつけたいこと

a06e67ab43fee663ccc0aeafb6de932e_s

 

結婚式の服装って、いつも悩みませんか?

季節によっても違うだろうし、式の雰囲気によっても気をつけることがありそう。

でも、まず元々の男性の服装、スーツマナーを知っておきたいですよね。基本をまとめてみましたよ。

スーツ、シャツの選び方からアクセサリーのことまで書いていますので、参考にしていただければと思います。

 

スポンサーリンク

1 スーツ

親族として出席する場合、スピーチをする場合はブラックのフォーマルスーツがふさわしいでしょう。

同僚・友人として参列する場合は、黒だけでなく、グレーや紺のダークスーツを着用していくのが素敵です。

 

基本的には、ストライプものはNGとされています。理由を簡単に言うと「ハデだから」なんですね。主役はあくまで新郎です。

あまり目立たないストライプならOKという風潮もあります。しかし、こだわりがないのであればストライプの入っていない「ダークスーツ」をおすすめしますよ。

 

「いつでも結婚式はブラックスーツ」というのもアリですが、ちょっと華やかに演出してあげたいのなら、「親族の結婚式」ならブラックスーツ。「その他お呼ばれの結婚式」ならダークスーツで決めていくのが良いと思います。

「主役は新郎新婦」をわきまえて、華やかに演出してあげましょう。

 

 

2 シャツ

基本は白無地のシャツとなります。

同僚や友人としての参列であれば一見無地に見えるけれども、柄が入っているような白いシャツでもいいでしょう。

色付きのシャツが着たいとのことであれば、パステルカラーの淡い明るい色ならOKとされています。しかし、格式の高い披露宴なのであれば、白シャツで行ってください。浮いてしまうかもしれません。

 

また、必ず長袖を着ていってください!シャツの半袖はNGマナーです。

シャツの袖をジャケットから見せることで、ドレスアップの役割をしているので、ジャケットの中でシャツを折ったりしない方が素敵です。

 

 

2-1 襟は?

襟にも種類がありますね。(襟=カラー)

基本はレギュラーカラーと呼ばれる、長さや開き方が標準的なもの、つまり普通の襟のシャツでいきましょう。

ボタンダウンカラーと呼ばれる襟があります。襟の先にボタン止めが付いている一見おしゃれなシャツですね。こちらは、基本カジュアルシーン向けなので、フォーマルには向いていないとされています。

結婚式・披露宴には、こだわりがないようでしたら避けた方が無難です。二次会から参加する場合ならとても素敵ですよ。

 

他にも、ワイドスプレッドカラーやホリゾンタルカラー、クレリックなどといった襟の形があります。

もちろんこだわるのであれば、そのような襟でもOKです。でも、よくわからないのであれば、普通の襟のシャツ(レギュラーカラー)でいきましょう。

 

 

3 ネクタイの種類と色

こちらも基本は白無地です。白無地でいけば間違いはありません。

ですが最近、特に若い人に「白はいやだ」という風潮があって、色もののネクタイをつける人が増えています。

 

とはいえ、どんな色でもいいわけではありません。もちろん黒一色のネクタイは柄が入っていてもNG。黒は不祝儀用です。

そして、最近人気なのが、蝶ネクタイ。しかしこれは本来、夜のアイテムなのです。午前中から始まる結婚式ではつけませんのであしからず。

 

シルバーグレーや白黒のストライプや、式によっては、パステルカラーなどの淡い色も素敵ですね。

ただ華やかな色を意識してみましょう。また「今から会社に行くサラリーマン」っぽくならないように気をつけましょう。

 

「よくわからないけど白は嫌だ!」という方、おすすめはシルバーかピンクです!

 

3-1お洒落な結び方

ネクタイの結び方が分からない!っていう男性。実はけっこういるんですね。仕事がら、スーツを全く着なかったりすると、たまに呼ばれるパーティーは誰か他人に結んでもらうのだそうです。

せっかくなので、結べない方も一つ覚えてみてくださいね!

結び方はこちらのサイトがとてもわかり易かったですよ。
http://www.more-tex.com/howto.html

 

また、動画でも紹介しているものがあります。

 

こちらプレーンノットという基本的な結び方ですので、これだけ知っていればOKですよ。

 

スポンサーリンク

4 ベスト

これは是非着ていただきたいです。尚、シングルのスーツを着るとき、ベストは必須です。

そしてベストを着ていない場合、ジャケットを脱ぐことはNGです。

こちらの記事にわかり易く紹介しています。

 

関連記事:
夏の結婚式に男性がベストを着るのはおかしい?

 

5 ベルト

正式なフォーマルの場では、ベルトをつけるのはマナー違反なんだそうです。これは、バックルがきらきらしていることがNGの理由なんだとか。

なので、サスペンダーで吊ることになったそうですが、最近あまりサスペンダーを見ませんよね。現代では、靴と合わせて、黒でバックルが大きくないものであれば、マナー違反にはならないようです。

でも皆さん、ちょっとくらいキラキラしていても、ベルトはふつうに着けていますけどね。(・∀・)

 

 

6 靴と靴下

正式なフォーマルの場では、靴も靴下も黒が鉄則です。

なので、親族として出席する場合やスピーチをする場合など、迷わず黒を選びましょう。格式の高い結婚式にも、黒を履けば間違いありません。

1.5次会のような友人だけの結婚式であればこの限りではありませんが、『基本は黒!』と覚えておけば、迷わずにすみます。

靴下は、肌が見えないようにミドル丈のものを履いてくださいね。

 

靴の素材については、牛革。お祝いの席では、殺生を連想させるものはNGですが、牛革であれば問題ありません。

靴ひものある黒い革靴がフォーマルですが、略礼装などではシンプルなデザインの革靴でOKです。

 

そして、絶対履いてはいけない素材の靴があります。

それはワニ皮やヘビ皮などの靴です。もちろん殺生を連想させるからです。本革でもフェイクでもNGとなりますのでご注意くださいね。

あとは、スニーカーやサンダルなどのカジュアルな靴もふさわしくありませんね。格式の高くない式だとしても、絶対に履いていかないようにしましょう。

 

 

7 ポケットチーフ

ポケットチーフは、華やかなパーティーには必須アイテムです。

基本的には、ネクタイと同系色でまとめます。反対にアクセントカラーとして色を足しても素敵ですよ。

また、挿し方(折り方)も色々なバリエーションがあって、けっこう楽しいですよ。

折り方、挿し方はこちらのサイトがとてもわかり易かったです。
http://www.ozie.co.jp/base/chief.html

 

 

8 アクセサリー

男性は基本的にはアクセサリーは着けません。結婚指輪だけはOKです。

本来なら腕時計も着けてはいけないのです。

こちらの記事でわかり易く紹介していますよ。

 

関連記事:
女性と男性のNGアクセサリー気をつけよう

 

まとめ

結婚式の服装は、女性だけでなく男性も悩ましいところですね。

あまり堅苦しくならずに、マナーをきちんと守りながら、かっこよく、お洒落に参列したいですね。

 

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ